>  > 家なき子が出稼ぎデリヘルで住み込みで働いていた時の話

家なき子が出稼ぎデリヘルで住み込みで働いていた時の話

今から半年前になるんですが、私のお店に家なき子が出稼ぎで働きに来たことがあってその子の人生経験がなかなかのものでしたので、名前は伏せてブログを書きます。私のお店はホテヘルとデリヘルを両方行えるマルチな風俗店だったんですが、その女の子はお店が始まる1時間前に私のお店の前に立っていました。女の子は何も言わずにずっとこちらを見ていたので正直気味が悪いと思い、何か用かと尋ねたら「ここで働きたい」と言うのです。私は取り敢えず、このお店で行う事は知ってるか等聞いてそれでも働きたいというので面接をする事にしたんです。たまたま求人を募集していたので好都合といえば好都合でしたが、女の子は酷く痩せていてお客さんが付くかわからない状態でした。服装もどことなく汚れているというか、着古した感があってもしかしたら貧しい思いをしてるんじゃないかと思いましたが、取り敢えず住所を聞くと「静岡県」と言うんです。びっくりです。私のお店は四国にあります。どうやってここまで来たかと尋ねると、トラックの運転手に頼んでここまで来たそうです。でもなぜ四国なのか…、親戚や家族などで身寄りがなかったのか聞くと家族とは勘当状態の様で今は何処で何をしているかも知らないようです。元々都内が地元だったようですが、当時いた彼氏の仕事上静岡に引っ越したようですが、今はもう別れており家を追い出されたようです。理由は彼氏のDVがあり抵抗をしたら更に酷い事をされ、最終的には追い出されたそうです。深い所まで聞きたい気持ちを抑えて、念の為どうして当店なのか聞いてみると静岡にいるときにサイトを見たことがあり、四国には寮のある風俗店が多いからと言う理由で四国まで来て、適当に見つけた当店に決めたようです。なんか運命的な何かを感じますが、逆に怖かったのを覚えています。とりあえず働けるようになるには身形を綺麗にしてご飯もしっかり食べてくれないとお客さんが付かないと思い、入寮をさせて1週間は休養させることにしたんです。ご飯もしっかり食べるようになり、お風呂もちゃんと入ってるので面接当時の面影はなく、意外と可愛い女の子に変貌したのはびっくりしました。さっそくサイトに掲載すると人気が爆発しました。予約待ちでいっぱいになり、管理する私が大変な思いをしたほどです(笑)ダイヤモンドの原石を拾った気分で私は嬉しかったですけどね!女の子は約半年働いて別の仕事をしたいとの事だったので、私のお店の事務作業をしてもらうようになりました。今ではちゃんと自分で家を借りてそこから通うって仕事にくるようになり、やっとまともな生活が送れるようになったんじゃないかと思います。女の子はいつかは私のお店を離れてしまう時が来るとは思いますが、暖かい目で見守っていきたいと思います。

[ 2015-09-15 ]

カテゴリ: 求人体験談

出稼ぎ デリヘル